https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2017/02/koramugakuseihuku_0207_1.jpg

制服 捨てる 後悔

制服を捨ててしまった私、その後悔。|徒然花

駿河 慧

駿河 慧

コラム・徒然花、今回のテーマは「学生服」です。学校を卒業すると着る機会が無くなる学生服。私は卒業式が終わった次の日に、捨ててしまいました。今ではとても後悔しています。

捨てた制服に対する後悔

制服 捨てる 後悔
中学はセーラー服、高校ではブレザーと、私は人生で2つのタイプの学生服を経験できました。特に高校は、制服の可愛さが売りの学校であったことからデザインのレベルは折り紙つき。卒業して何年も経ちますが、今見ても十分可愛いと思えるほどのものです。

制服の可愛さで高校を選んだため、在学中はルンルンで登校していましたが、いざ卒業すると制服への愛着がなくなり、卒業式の次の日にはあっさりと捨ててしまいました。

その時の私は「必要ない」と確かに思ったのですが、今になってふつふつと後悔が込み上げてきます。

捨てたらもうそれでおしまい

制服 整理
きっかけはクローゼットの整理をしていた時です。年齢的に着られない服が出てきたことから、断捨離をしてみようと手をつけると、気に入っていた服がたくさん出てきました。見ているだけで楽しくなるような好みの服です。

10代の頃に買った服は、今の私には似合いません。しかし、変わったのは私の年齢や体型であり、服自体の魅力はなにも変わらないのです。そう思った瞬間、お気に入りの服たちを捨てることにためらいが生まれました。

色々と考えた末、捨ててしまえば、二度と同じデザインの服は手に入らないと思い、本当にお気に入りの服は手元に残しておくことに決めたのです。そこで私は気づいたのです。

――制服も同じでは?

制服は、通学する学校の生徒であることの証。通常は、生徒でなければ、その学校の制服は持っていません。ネット通販を利用すれば他校の制服は簡単に手に入りますが、それは単なるコレクションに過ぎません。

ツライことも楽しいことも一緒に学生生活を過ごしてきた制服は、どれだけネットで探しても見つけることはできません。捨ててしまったら最後、自分の制服はもう戻ってはこないのです。

着る楽しみは失われてしまいましたが、私服のように眺める楽しみはまだ残されていました。今になってそのことに気付き、自分で決めたこととはいえ制服を捨てたことは、後悔してもしきれません。

私のように後の祭り状態では、もうどうにもなりません。もし、これを読んでいる人が、まだ学生であるなら、制服なんていらないと思っていても、すぐには捨てずに、未来の自分のために残しておいてあげてほしいです。

“もしも”は自分でも予想がつかないこと。自分でも想像していなかった、未来の感情がやってくる時、取り返しのつかない後悔だけはしないように、少しだけ待ってみるのも大切です。

(文・駿河慧)

ライタープロフィール

水族館は好きだが、生臭いのだけは耐えられない。