https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2017/01/koramuhikkosi_0123_1.jpg

引っ越し 春 準備

引っ越し、私の心を救った理由。|徒然花

駿河 慧

コラム・徒然花、今回のテーマは「準備」です。

新生活に向けて動きはじめるこの季節。私も今春から新しい生活が待っており、その準備中です。

春に向けての準備

引っ越し 春 準備
新年が明け、春の新生活に向けて動き出す人たちもいることでしょう。今年は、私もそのうちの1人です。今いる家から少しグレードアップした家へと引っ越すことが決まりました。今は、高揚感でいっぱいです。

一人暮らしをはじめてから、引っ越しは今回で2回目です。今住んでいる家に少し嫌な思い出があり、それを払拭するために決意した今回の引っ越しは、1回目の倍ともいえるほど引っ越しが待ち遠しくて仕方ありません。カレンダーに×印を打って、その日を今か今かと待ちわびているほどです。

これを機に、思いきって古い家具も買い換えることにしました。ショッピングモールに買いに行く時は特に喜びが凄まじく、あれこれと買ってはストレス発散をしています。通帳の残高の数字は大きく減ったものの、後悔は一切ありません。

「欲しい物を迷わず買う」

これが、新生活に向けての準備の楽しさに拍車をかけました。

引っ越しが私の心を救った

引っ越し 買い物
実をいうと、部屋のグレードアップをしたことから、家賃もそれなりに高くなっています。そのため、これまでと比較すると、少しだけ余裕のある生活から離れることになります。

現在住んでいる部屋を選ぶ時、私は“住みやすさ”よりも“ゆとりのある生活”を選び、家賃の安さを重視しました。しかし、今回は嫌な思い出から逃げるための引っ越し。心機一転のチャンスであることから、“住みやすさ”重視で家を選んだのです。

「多少値段が張ってもいいので、自分の気に入るものを」

引っ越しを決めた時、私の心は沈んでいて、はじめは嫌なことから逃げるための手段でしかありませんでした。しかし、準備をしている間の私は見違えるように生き生きとしていきました。

新しい生活に向けていろいろと動いたことで、私の頭の中も同じようにいろいろなものが整頓されたのかもしれません。新生活が始まる。その明るい未来が待っていることが、私の心を穏やかにしたのです。

春はいろいろなことがある時期。そんな始まりの季節に、生活を一新すると気持ちも晴れやかなものとなります。何かを吹っ切りたい時にはもってこいの季節なのかもしれません。

(文・駿河慧)

ライタープロフィール

水族館は好きだが、生臭いのだけは耐えられない。