https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2016/10/nagi-thum.jpg

渋谷 なぎ タナカンプ ソロノミアワー 独飲放談

CDレンタルとプレイリスト編集は少し酔った時にやるといい

タナカンプ

タナカンプ

タナカンプの独飲放談(ソロノミアワー)【二軒目】

音楽とお酒。なかなかに相性いいもん同士です。「酒とロック」と言う人もいますが、私はどっちかっていうと「酒とポップ」あるいは「酒と歌謡曲」かな。

酒と音楽。この2つの相性のよさを15年くらい前の自分に教えてやりたいくらいです。人生変わってただろうなあ。いい意味でも悪い意味でも。

飲みながら聞く音楽も良いのですが、飲んだ後に 酔いながらCDを借りる/買うことをたまにやっています。

これがなかなかいい。

シラフの時に「これ借りよう/買おう」と思ってたものにプラスして、その時(酔ってる時)のフィーリングで、予定外のものに手が伸びる。

酔った時にうまれるゆらぎ、隙みたいなものが音の嗜好に反映されるからでしょうか。まだ見ぬ自分(の音楽の好み)に会える気がします。

「なんでこれ借りたんや、酔ってる時のおれ…」みたいな時もありますし、「こ…これ…いいじゃないか…」みたいな時もある。

自分が持ってる曲で、プレイリストを編集する時も同じで、酔っぱらった時に作るプレイリストもなかなか趣深いことがあります。異常に小沢健二が多いプレイリストとか、「そして僕は途方に暮れる」の様々なアレンジだけをまとめたプレイリストとか。

寝て起きると“酔い”はなくなっている。下手したら、酔いとともに、その時の記憶も、その時抱いてた想いも、なくなっている。

でもその時にチョイスした曲、保存したプレイリストには、その抱いてた想いがとどまっているような気がするんですよね。

その順番でその曲を並べた、当時酔っていた自分の想い、感情を、拾い集められる気がして。

そんな流れで渋谷TSUTAYAに、よく行くのですが、「何は無くとも酔わなくては…」ということでTSUTAYAに行く前に、私は道玄坂をのぼります。

目指すは日本酒バル「立呑み なぎ」。

渋谷 道玄坂 なぎ 日本酒

道玄坂・百軒店の坂を上ったところにあり、少々いかがわしいエリアを通り抜けていく必要がありますが、一度このお店の良さを知ってしまえば立地などなんのその。

飛露喜 純米吟醸

日本酒は福島のみ。オーナーシェフが作る和食メインのフードもおいしいです。

渋谷 なぎ つまみ

渋谷 なぎ 卵かけご飯

スクランブル交差点を行き交うまだ見ぬ君を探すかのごとく、珠玉の一曲を求めて、また坂を上るのはいつになるだろうか。

渋谷 なぎ タナカンプ ソロノミアワー 独飲放談

今夜のお店

■立呑み なぎ
東京都渋谷区道玄坂2-20-7

(文・タナカンプ)

ライタープロフィール

普段は都内でネットワークエンジニア・調整役をやっているサラリーマン。ブログ「KAMPLOG」管理者、酔うンドメディア「咳をしても一人呑み」"編酒長"。一人呑み、立ち呑み専門家「ソロノミスト」を自称し、酒場やバルを一人で転々とすることが多いです。でもできれば二人で、あなたと飲みたいです。最近スナックでボトルキープすることをおぼえました。