https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2016/10/goldenbomber-karaokeruoom.jpg

ジョイサウンドVR

ゴールデンボンバーも参加!次世代カラオケ「JOYSOUND VR」配信開始

バーチャルリアリティシステムPlayStation®VRを利用した次世代のホームカラオケ「JOYSOUND VR(ジョイサウンド ヴイアール)」の配信が開始となった。

体感しながら歌う「JOYSOUND VR」とは

このたび配信開始となった「JOYSOUND VR」は、360°好きなところを見渡せるオリジナルの360°パノラマ映像と、3Dオーディオで作り出されるVR空間により、映像のなかに入り込んだような感覚でカラオケを楽しむことができるのが特徴の次世代型ホームカラオケ。

桜の木の下で

自宅でありながら満開の桜の下や、ビーチで歌を歌うなどの体験、さらには、憧れのアーティストが語りかけてきたり、一緒にステージに立つことが出来たりするなど、従来のカラオケにはなかった体験ができる。「JOYSOUND VR」は、すでにPlayStation®4向けに展開している「JOYSOUND.TV Plus」をバージョンアップし、VR用の歌い放題チケットを購入することで利用が可能となる。

チケットの値段は24時間チケットが税別で500円、20日間チケットが税別で1,800円となっている

「JOYSOUND VR」第一弾参加アーティストは2組

そして、今回「JOYSOUND VR」の配信と同時に、アーティストと楽しめる企画第一弾として、ゴールデンボンバーとChelsyのコンテンツが配信開始となった。

ゴールデンボンバーはカラオケの人気曲「女々しくて」「おどるポンポコリン」「糸」「残酷な天使のテーゼ」の4曲を歌うスペシャルライブ。Chelsyはメンバーがライブ会場に入るところから舞台裏の行動を共にする1日マネージャー体験を配信している。こちらはカラオケの利用チケットとは別で、税別2,000円が必要。

ゴールデンボンバーカラオケルーム

また、ゴールデンボンバーはスペシャルライブのほか、自分が歌っているときにカラオケルームで合いの手を入れたり、「女々しくて」をエア演奏してくれるVR映像も配信している。こちらは歌い放題チケットの購入のみで利用が可能となっている。

画像ギャラリー