https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2017/01/starbucks-thum.jpg

スターバックス ディカフェ ラテ

スタバ、遂にディカフェをエスプレッソでも提供へ!カフェインレスのラテを発売

スターバックス コーヒー ジャパンが、カフェインレスのエスプレッソドリンク「ディカフェ スターバックス ラテ」を発売することが明らかとなった。ディカフェ製品は、これまでドリップコーヒーでの展開のみだったが、今後はエスプレッソを使用した製品でもディカフェの注文が可能となる。

味わいはいつものラテのまま「ディカフェ スターバックス ラテ」発売へ

スターバックス ディカフェ カフェイン

このたび発売となる「ディカフェ スターバックス ラテ」は、スターバックスコーヒーのカフェインレスのディカフェエスプレッソドリンク。

“ディカフェ”とはコーヒーからカフェインを取り除いたもので、国内ではカフェインレスやカフェインフリーなど様々な呼び方で知られているもので、一般的にはカフェインを90%以上除去したものをカフェインレスと呼ぶが、スターバックスでは、豆にダメージを加えないよう薬品などは使わず、二酸化炭素と水のみで99%以上カフェインを除去したコーヒー豆を使用。いままでのラテのおいしさはそのままに、よりやさしい印象の味わいとなっている。発売は2017年1月11日より、価格はショートサイズが税抜380円から。

また、同日からこれまで提供していたドリップコーヒーに加え、キャラメルマキアートやカフェモカなど、全てのエスプレッソビバレッジもディカフェで楽しめるようになるとのこと。また、同製法で仕上げた「ディカフェ ハウスブレンド」も同日より発売となる。

画像ギャラリー