https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2017/03/future-bra0321-thum.jpg

Tuché(トゥシェ)

グンゼ、サードウェーブブラ&シームレスハーフトップの春夏アイテムを発表

グンゼは、インナーウェアブランド・Tuché(トゥシェ)から、future bra(フューチャーブラ)や縫い目0ハーフトップなど春夏アイテムを3月下旬より新発売することを発表した。

グンゼが、サードウェーブブラ&シームレスハーフトップの春夏アイテムを発表

“日常を快適にする、これからのインナースタイル”をコンセプトに掲げる、グンゼのインナーウェアブランドTuchéは、現在の下着のトレンドであるサードウェーブブラとシームレスハーフトップの春夏新商品を発表した。

サードウェーブブラ future bra

サードウェーブブラとして、一体型モールドカップを積層構造で作るという新発想により“ノンワイヤーでバストメイクする”を実現したfuture braは、今回の製品でより快適性を追求し、ブラ悩みの原因となる通気性・軽さ・やわらかさを向上。パッド材を通気性の良いソフトタイプに改良し、これまでの9層のパーツを7層に集約することで、通気性が2.3倍、重量は13%ダウンし、やわらかさは12%向上した。優れた補整力はそのままに、これまで以上に快適に着用できるとのこと。※グンゼ調べ

シームレスハーフトップ 縫い目0ハーフトップ

また、シームレスハーフトップの縫い目0ハーフトップは、特許出願中の接着技術と、同社のカットオフ技術により、縫い目をなくし、さらに洗濯絵表示タグをプリントにすることで凹凸がなくフラットに、チクチクしにくい上にアウターファッションにも響かない設計となっている。今季は、無地タイプ9色のほかに、ボーダー柄や杢柄、デニム柄といったプリント加工タイプ4種に、ディズニーデザインタイプの4色を加えて、全17種類を展開する。

また、接着技術とカットオフ技術を使用し、ボディラインに沿ってピタリと着用でき、ズレにくく快適にフィットするストレッチ素材でなめらかなヌーディシルエットをつくる縫い目0ショーツは、綿65%のコットンミックスと、ショーツラインがより出にくい、一分丈が新登場し、全25種をラインナップとなる。