https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2016/12/Luminarie-thum.jpg

第22回 神戸ルミナリエ

神戸ルミナリエが今年もスタート

神戸市で、30万個のライトが街を彩るイルミネーション「神戸ルミナリエ」と、神戸グルメを楽しめる「踊る!KOBE光のファウンテン2016」がスタートした。

 1000万ドルの夜景を誇る神戸の街が、さらに光り輝く10日間

神戸市では、阪神・淡路大震災の記憶を次の世代に語り継ぐべく、まちと市民の夢と希望を象徴する行事として毎年この時期に「神戸ルミナリエ」を開催している。第22回目となる今年は、12月2日から「光の叙情詩(Ode della luce)」をテーマに、音楽に合わせて点灯する作品など、合計6つの作品が神戸の街を色鮮やかに彩る。

ダニエル・モンテベルデ ライトアップ

また、同時に「神戸ルミナリエ」の会場である噴水広場にて、地元企業13社とタッグを組んだイベント「踊る!KOBE光のファウンテン2016」もスタート。神戸ならではのグルメや、ジャズやフルートなどのステージプログラムなどを楽しむことができるイベントとなっている。

1000万ドルの夜景を誇る神戸の街ですごす、さらに光り輝く10日間は、かけがえのないアフターファイブのひとときを過ごしてみては。

第22回神戸ルミナリエ

期間:2016年12月2日(金)~12月11日(日)
会場:神戸市旧外国人居留地、東遊園地

画像ギャラリー