https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2016/11/yuenchibeppu1126_thum.jpg

ジェットコースター 温泉 別府 公約動画

「湯〜園地」動画、100万再生突破に別府市長が「Thank“湯〜”レター」

大分県別府市の「湯〜園地」計画の動画が目標の100万回再生を達成。長野恭紘市長が感謝の気持ちをこめた「Thank“湯〜”レター」を公開した。

「湯〜園地」動画の目標達成に「Thank“湯〜”レター」

大分県別府市が、YouTubeにて公開中の「別府市・湯〜園地計画!」の映像は、温泉都市別府の魅力を発信すべく、“遊べる温泉都市構想”の現実にむけた取り組みの第1弾として公開されたもの。11月21日正午の公開から話題を集め、73時間後の24日13時すぎに100万回再生を突破した。

湯〜園地 別府市 温泉遊園地

このたび、別府市の長野恭紘市長が、感謝の言葉として「Thank“湯〜”レター」を公開した。100万再生達成を受けて、別府市では計画詳細の策定を進めるとのことで、今後の予定は改めて発表するとのこと。長野恭紘市長のコメントは以下の通り。

湯〜園地 別府市 温泉遊園地 長野恭紘市長

この度は別府市のプロモーション動画「spamusement park project 湯〜園地計画」をご覧いただき誠にありがとうございます。
動画サイト「YouTube」へのアップロードから僅か4日間で目標とした100万回再生を達成するというスピード感の速さ、反響の大きさに驚いており、やってしまった感でいっぱいです。

さてこの動画は、本年の11月に初めて取り組みました事業「別府ONSENアカデミア」の一環として制作したものです。この「別府ONSENアカデミア」は温泉の源泉数、湧出量ともに日本一を誇る当市において、様々な温泉の魅力を検証し、新たなる温泉の独創性、可能性を世界に向けて発信することを目的として取り組みました。
この動画では、子どもから大人までが楽しめる場所の象徴として遊園地を用いることで、ワクワク・ドキドキする観光地・別府を表現し、「湯〜園地」なる奇想天外な設定を用いています。世界屈指の温泉観光地として「まち全体が温泉のテーマパークである」ことをアピールするとともに、別府市に住む人々、特に若者たちが「別府はおもしろい」と感じ、自慢し、誇れるふるさとを実感してもらえる契機になればと考えております。

多くの方々から頂戴した思いを受け止め、独創的な温泉の活用可能性の実現化、具体化を図るべく、今後タスクフォースや専門チームを編成し、「湯〜園地」計画実現に向けて、別府市一同、尽力していきたいと考えております。

皆様、本当にありがとうございました。

平成28年11月24日
別府市長 長野恭紘

画像ギャラリー