https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2016/10/kaidan3-thum.jpg

階段つれづれ〜物語・参「渋谷・松見坂そばの階段(極小)」 アイキャッチ

階段つれづれ〜物語・参「渋谷・松見坂そばの階段(極小)」

奥野大児

奥野大児

階段つれづれ〜物語・参「渋谷・松見坂そばの階段(極小)」1
――小さい奴。

自分のことをそう言われたら、腹も立つでしょうし、悲しくもなるでしょう。
身長だろうが人間の器だろうが、まったくもって嬉しくない一言です。

でも、この階段を見て上ってみたらそう言うしかないんです。

小さいんですよ。階段として。

あまりにも。

物語・壱に登場した「渋谷・松見坂そばの階段(大)」から数分も歩かない場所に、こんなささやかな階段があるのを目にしました。

東京都目黒区「渋谷・松見坂そばの階段(極小)」

段数は、4段。

幅も、1人が通れるだけです。

階段つれづれ〜物語・参「渋谷・松見坂そばの階段(極小)」2

手すりなのかガードレールなのか分からないものが脇にありますが、これはガードレールなのでしょう。隣の坂を歩く人が階段に足を突っ込まないようにする優しさなんだと思います。

だってそうでしょう?

階段の手すりだと思ったら、握った瞬間に上り終えていますもんね。

階段手前に用意された点字ブロックも、控えめな4枚。隣に見える坂状の歩道にはふんだんに使われています。特別扱いと言うべきか、鬼っ子というべきなのか

階段つれづれ〜物語・参「渋谷・松見坂そばの階段(極小)」5

個々の段を見てみますが取り立てて傷んだ様子もありません。できて新しいというのもあるのでしょうが、そもそもここを選んで通る人がいるのでしょうか……というのも大いなる疑問なのであります。

お店の出入り口

階段つれづれ〜物語・参「渋谷・松見坂そばの階段(極小)」3

この階段があるのはドラマ「孤独のグルメ」にも登場した洋食レストラン「ボラーチョ」の真ん前です。このお店の出入り口と階段の位置関係を見ると、なぜここが階段になったのかもわかろうというものです。

階段つれづれ〜物語・参「渋谷・松見坂そばの階段(極小)」4

高低差のある脇道へのアクセスを、この短距離で埋めなければならなかったのですね。ここを坂にしてしまうと、足首がやられてしまいます。

ドラマに出てきた牡蠣のグラタンやマッシュルームガーリッグを食べたい!
バケットをつけて満腹になるまでお腹を満たしたい!

お腹一杯になったあとはお店の前の階段を上ってカロリー消費だ!と思ったけど無理そう。だって4段なんだもの。

「山椒は小粒でもぴりりと辛い」と言います。たとえ身体が小さくても、才覚があったり気性が良かったりして、侮れない様子です。体格的に優れないけれど、スピード感たっぷりなアスリートなどにも用いられる例えです。

はたして、この階段は山椒でしょうか。それとも小型で存在感のない、そこに居させてもらっているだけの存在なのでしょうか。

「君の存在が我が部のスパイスになっているんだよ!」

そう上司に言われても

え?いや、みんな平常通りですよね……。
刺激与えられないですよね……。

部署替え一週間後の上司ミーティングでのひとときをふと思い出してしまいました。

 

■階段情報をお知らせください
味のある階段をご存知の方、ぜひTwitter「@odaiji」までご一報ください。付近を立ち寄った際にはぜひ訪れたいと思います。

(文・奥野大児)

ライタープロフィール

1971年産の男。フリーライターやブロガー、ブロガーイベントの主催などをこなす。戦国時代が大好きで好きな武将は片桐且元。辛い食べ物は割と目がなく、ココイチは10辛が標準。非常階段に出て内側からロックをかけられるなど、割と運が悪い。