https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2016/11/ooshimarie1129_thum.jpg

おおしまりえ コラム

女湯サウナ事件簿!巨乳美女がマッサージの連鎖を生み出す

おおしまりえ

おおしまりえ

「銭湯の女湯って、なんて面白いんだろう!」

にわかサウナーの筆者は通うたびそんなことを考えます。
(サウナーとは、サウナが大好きで日常的にサウナに通う人のこと)

銭湯というと、常連のおじいちゃんおばあちゃんが、のほほんと楽しむ場所だと思いがちですが、場所によってはそんなこともありません。
女湯なんて、入浴という美容に直結する時間を、いかに有効に使うかにしのぎを削る女子を多くみかけます。そんな女の丸裸な実情を、今日はちょっとだけよ〜ん、とご紹介しましょう。

女サウナはじっと耐える場所にあらず

サウナの楽しみ方は、一般的にサウナと水風呂(または休憩)を複数回繰り返し、心身をリフレッシュさせるものですが、女性の場合はそこに様々な“ながら美容行為”が加わっていきます。

一番よく見かけるのは、テレビをみながら体を素手でモミモミ。リンパに沿って、ひたすら足や腕、顔を揉みほぐす「ながらマッサージ」です。

次に見かけるのは、タオルを顔にまきつけ、中東の女性さながらに目だけ残して顔を「即席蒸気パック」させる楽しみ方。

また人がいない場合は、立ち上がって軽くストレッチを行う女性も多くみかけます。少しでも効率的にキレイになりたいと願う女心は、お風呂の中で観察できるのです。

サウナ室に巨乳美女現る!

そんなある日、筆者はつい三度見してしまうような光景に出くわしました。

「巨乳がきた!」

見てはいません。まじまじと見てはいません!(大事なマナーなので2回言いました)
でも、ちらっと自然なタイミングで視界に入っただけでも、モデルか何かを連想させるほどのナイスバディに、小玉スイカを思い出させる美しく大きいパイパイが、彼女の体には2つ、ついていました。揺れていました。

そんな女性がサウナに入ってきたので、室内は一瞬「あっ」と時間が止まった。ような空気に。老若バラバラでも、女はみんな美しい女に興味があるのです。

「小玉チャン」とでも命名しましょう。

小玉チャンは集まる視線をサラリとかわし、サウナ室で最も暑いといわれる室内奥の最上段に座り、熱を全身に感じ始めます。一瞬サウナ室にも平和が戻ったように感じましたが、小玉ちゃんは我々“庶民的な体型の女”を自己嫌悪の渦にぶち落としました。

「胸をマッサージしている!」

小玉チャンはなんと、その誰よりも大きくて形のいい胸周りを、丁寧にくるくると手でマッサージしているではありませんか。

大きいおっぱいは、天然ではなく努力のたまものなのよ」とでも言いたげに、くるくるモミモミとマッサージを続ける小玉チャン。

この狭いサウナ室で、一番美しい女が一番ストイックに自分を追い込んでいる姿を見て、落ち込んだ女性も数名いたでしょう。その証拠に、数分後には驚くべき連鎖が始まったのです。

巨乳のモチベーションが伝染!?

「マッサージが伝染し始めた!」

はじめは、入り口付近のアラサーと思われる女性でした。動きは小さかったものの、頬周りの肉をモミモミ。間違いなく小玉チャンの美意識が伝染した結果の行動です。

続いてテレビを見ながら談笑していた50代のおばさまが、談笑しながら二の腕をムニュムニュ。その隣で談笑していたおばさんも、肩周りをしきりにほぐし始めます。

「キレイはうつる」

そう語るのは美容ジャーナリストの齋藤薫さんですが、まさにこの小さいサウナ室で、キレイの連鎖が断続的に発生しているではありませんか。

小玉ちゃんはそんな革命を起こしていることはつゆ知らず、美乳周りをマイペースに揉み続けます。

もちろん筆者もつられて、胸周りや足周りをガッチガチにマッサージしたことは言うまでもありません。むしろ小玉ちゃんの隣で、のんべんたらりとしているのが、恥ずかしくなったのです。

不思議な時間が数分続いたのち、小玉ちゃんはサウナ室を後にし、筆者も少しあとに、その日の銭湯タイムをフィニッシュさせました。

「もう一度会いたい」

突然現れた女神を再び拝みたいと思い、筆者は今もその湯屋へ足を運びますが、彼女に会えたのはそれっきり。そして私のサウナ室でのマッサージ行為も、それっきり起きることはありませんでした。

「美は1日にしてならず」

そう言ったのはゴージャスな美の伝道師・叶恭子さんですが、サウナ室へ入るたび、筆者は今もそんなことを思い出しながら、とりあえず室内奥の最上段へと腰を下ろすのでした。

おおしまりえ コラム 巨乳美女がマッサージ

(文・おおしまりえ)

ライタープロフィール

雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター。日本大学芸術学部卒業。10代から水商売やプロ雀士、素人モデルなど人気商売に身を投じる。のべ1万人の男性を接客し、相手も気づいていない本当の気持ちを瞬時に見抜く観察眼を獲得する。20代で結婚と離婚を経験後、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。現在「女性自身」「@DIME」「週刊SPA!」「スポニチ」「週刊プレイボーイ」などで恋愛コラムやコメンテーターとして活動中。