https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2016/12/shokugekinosoma_1220_2.jpg

食戟のソーマ 料理 漫画

才能と努力、互いを高め合う料理漫画「食戟のソーマ」

ブルネイ

アフターファイブに読んで欲しい漫画たち。今回紹介するのは、週刊少年ジャンプで連載中の「食戟(しょくげき)のソーマ」です。原作・附田祐斗、作画・佐伯俊が送る、料理バトル漫画です。

登場人物全員が料理人

名だたる料理人を輩出する遠月学園高等部に入学した主人公・幸平創真。彼は実家の定食屋「ゆきひら」の店主であった父親から、「何事も経験」と無理やり学園に入学させられます。

最初は渋々入学した創真でしたが、彼の周りにいる生徒たちは全国から集められた屈指の料理人の卵です。創意工夫を凝らした料理が数々登場し、それによって創真の闘争心に火が付き、父親を超える料理人になるべくライバルたちと切磋琢磨していきます。

食戟による白熱した対決

食戟のソーマ 料理 漫画
表題の食戟(しょくげき)とは、遠月学園の生徒同士個人で行われる料理バトルのことです。

食戟を申し込んだ者は“対価”を賭けます。対価は調理器具のような物から、立場といった肩書も対象となり、下剋上目的で行われることもあります。個人の闘いであるものの、決闘と同じであることから試合の認定員や判定員が用意されるほど厳粛なものです。

料理人が握るのは武器ではなく、調理器具。技は料理という形で披露されます。その料理は庶民的なものから、見た目からでは味の想像が全くできないものまで多種多様です。

料理を目にした者は一目で視線を奪われ、口に入れた瞬間に湧き上がる味に感動します。闘いの後はスポーツマンのように爽やかに終わり、互いの料理について感想を言い合う場面が見られます。同じプロを目指す者同士が高め合う姿には、拳とはまた違う闘いの魅力が詰まっています。

努力を忘れない主人公

食戟のソーマ 料理 漫画
本作は学園が舞台ですが、生徒は全員プロを目指す料理人です。学生らしく和気あいあいとしている一方で、食戟や大会では一様に表情が変わり、プロ顔負けの気迫を見せます。

主人公・創真は幼少期より実家の定食屋の厨房に立ち、お客さんと直に接しながら料理人として修業を積んでいたため実戦経験は十分にあります。学園に入学したばかりの生徒と比べると料理人にとってのスタートダッシュはかなり早かったのですが、そんな創真を上回るほどの実力をもった同級生や先輩が次々と現れます。

自身がもつ才能に加え、他の料理人から受ける刺激によってみるみる成長を遂げていく創真。時には完敗を味わうこともありますが、それに負けずに腕に磨き続ける姿は「努力・友情・勝利」を掲げるジャンプらしい連載といえます。

また、創真以外のキャラクターも同じように勝利と敗北を経験しながら料理人として大きく成長を見せてくれるのも本作の魅力。自身の腕と誇りにかけて戦う料理人たちの熱い闘い……今後も見逃せません。

食戟のソーマ 料理 漫画
「食戟のソーマ」

(文・ブルネイ)

ライタープロフィール

AFTR5編集部
女の子座りができないブルネイです。
地べたに座るのが苦手、掘りごたつ派。