https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2016/12/watasinoshounen_1213_2.jpg

おねショタ 漫画

30歳OLと美少年を繋ぐもの…それは恋か愛か?「私の少年」

ブルネイ

アフターファイブに読んでほしい漫画たち。今回紹介するのは、高野ひと深・原作「私の少年」です。30歳OLが出会った美少年との心の交流を描きます。

美少年との出会いと元彼の影

おねショタ 漫画
いつも公園でつたない動きでサッカーの練習をする少年の姿が気になっていた、主人公・多和田聡子。大学時代、フットサルサークルに所属していた彼女は、思わず彼に声をかけて、アドバイスをしてしまいます。そして聡子は、この時初めて少年の顔を間近で見ます。彼はとても整った顔立ちで、少女だと勘違いするほどの美少年。名は早見真修、まだ12歳の小学生です。

その翌日、再び公園にやってきた聡子は、真修が不審者に声をかけられているのを見かけてしまい、見るに見かねて彼のサッカーの練習を見るようになります。

ひょんなことから、真修のサッカー指導をするようになる聡子。その後、この不思議な関係は続いていくのですが、なぜ彼女がそんなことを続けるのかというか、それはとあるストレスが原因なのです。

聡子の職場にはフットサルサークル時代の元彼・椎川文貴がいて、別れた今も聡子にちょっかいをかけてきます。付き合っていた当時も椎川に興味がなく、とっくに切れた関係であるのに接触してくることが理解できずに困惑する聡子。興味がなかったといいながらも、椎川に別れを告げられた時の傷が癒えてなく、彼の存在を拒否することはできずにいます。彼女にとって、椎川の存在はストレスになっているのです。

そんな聡子にとって、真修の練習を見てあげることは、ストレスを解消する時間になっていたのです。

大人が子供を包み、子供が大人を癒す

おねショタ 漫画
聡子だけではなく、真修にも大きな心の問題がありました。それは父親の存在です。父子家庭である真修ですが、唯一の家族である父親は真修に無関心。全くもって面倒を見ようとしません。それどころから、大好きなサッカーも、気分次第で辞めさせてしまおうとするほどです。

聡子も真修も、常に“誰か”にとらわれて生きており、その“誰か”に自分の意思が押し込められてしまっています。

相手の存在が呪縛となって身動きを奪ってしまう――

その共通点をもっていたことで、ただのコーチと生徒という関係から、徐々に心が繋がった関係となっていく2人。

本作はいわゆる“おねショタ”(※)漫画に分類されます。年の差は恋愛漫画における魅力のひとつですが、30代OLと小学生6年生の関係性はアブノーマルともいえるでしょう。主人公が女であることから生々しい話にならず、むしろ聡子の抱く感情は恋ではなく母性なのではないかという見方もできます。

大人の聡子が真修の存在を受け止めるのは大人の姿として普通のものですが、本作はそれだけでなく、子供の真修が大人の聡子の傷を癒す姿が描かれます。傷ついている2人が互いの傷を癒しあう姿は見ていて切なく、痛々しいです。

既刊2巻の段階ではまだ、一言では表現しきれない聡子の真修の関係。この関係がラストでどんな感じに変化し、名前が付けられるのか。今後の展開に注目です。

※おねショタ…年上女性(おね)と年下少年(ショタ)のカップルのこと。

おねショタ 漫画

「私の少年」

 

(文・ブルネイ)

 

ライタープロフィール

AFTR5編集部
女の子座りができないブルネイです。
地べたに座るのが苦手、掘りごたつ派。