https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2017/02/chibiberry_valentine2017_thum.jpg

ただただお菓子作りはめんどくさい、という話をします。※レシピ付き

チョビベリー

チョビベリー

チョビベリー マッチ コラム べっこう飴

めずらしいお菓子づくりネタです!

柔道とボクシングと極真空手の経歴をもつ普通のOL・チョビベリーです。
今回、編集さんから与えられたお題は『バレンタイン』です。

チョビベリーマッチvol.11「べっこうあめ」

2月といえばバレンタインの季節であり
この時期は老若男女を問わず
コンビニやスーパーでチョコレートを目にする機会が増え

異性をはじめ
自分や友達へ贈るプレゼントを探したり

「自分は騙されない」という強い意志により
チョコレート業界の陰謀に屈することなく
一人さみしくせんべいを齧ったりするようですが

自分の気持ちを、より相手に伝えるべく
手作りのお菓子にチャレンジする人もいるかと思います。

チョビベリーが中学・高校生のころも
友達の女子の間で

「バレンタインは手作りお菓子を交換しよう」
という面倒なルールが発生し
全員が何かを持ち寄る必要があったんですが

いかんせんチョコレートやクッキーなどは
材料費が地味に高いため
おこづかいはマンガのためにとっておきたいチョビベリーは
手作りお菓子にお金を使うのがばかばかしく
極力、予算をかけたくないのが本音でした。。

そこで思いついたのが
小学校のときに調理実習でつくった「べっこうあめ」。

水と砂糖だけ、という
どこの家庭にもある材料で作れる簡易さに
何度も助けられました。

最初にべっこうあめを作ったときは
バレンタイン当日、友達がクッキーやらブラウニーなど
こじゃれたお菓子を持参しており

たぶん時間がかかったであろう
手の込んだ他人のお菓子を見て
最初は肩身が狭かったものの

チョビベリーのべっこうあめは誰ともかぶらない上に
友達には「おいしそう」と普通に喜ばれたため
心の中で「セーフ!」と叫んだ記憶があります。

その後は何度も作るうちに技術があがり
友達からは「べっこうあめを作る子」として認知され
手作りお菓子交換会には悩む必要がなくなったんで

「お金を使わなくても工夫でどうにかなる」
ということを
身をもって経験した出来事でした。

その後は2~3回
チョコレートやクッキーを作ったこともありますが
そもそもが面倒くさがりな性格であるため

グラム単位の細かい材料を
いちいち計量器をつかって計ることや
ボウルなどベトベトの洗いものが増えることに加え

無塩バター、ベーキングパウダーなどの
「家に常備しておらず、他の料理にも流用しにくい材料」
をわざわざ買うのがキライなほか

クッキーを作る途中に生じる
“焼く前に生地を4時間寝かせます”
というような
時間効率の悪い工程にイライラし

500円くらいで十分おいしいクッキーが売っている現在
そんな時間をかけるくらいなら
買うほうが絶対にいいと思ったため
それからは手作りのお菓子を作っていません。

思い返してみると
準備時間をあわせても1時間すらかからず、タダ同然で作れるべっこうあめは
そこそこ費用対効果のいいお菓子であり

似たようなものがそんなに売っていない点に関しては
希少価値も高いんじゃないか、とも思います。

今回10年以上ぶりにべっこうあめを作り
かわらない味にほっとしたチョビベリーです。

おまけ

べっこうあめの作りかた(約12本分)

べっこう飴 作り方 材料

水、砂糖、アルミホイル、つまようじをご用意ください。

べっこうあめ 作り方 材料

砂糖50グラム、水100mlくらい(1:2くらいであればOK)を火にかけます。
最初は中火で水分を飛ばしてだんだん弱火に。
スプーンで何度もかきまぜてると20分くらいで薄黄色のアメの状態になります。

べっこう飴 作り方

火をかけている間はヒマなので、アルミホイルを敷いてつまようじを並べます。

べっこうあめ 作り方

用意していたつまようじの上に垂らして完成。すぐに固まります。
※この段階では貧相に見えますが安心してください。

べっこうあめ 作り方 手作り

100均で売ってる小袋に入れたら急にオシャレになります!

チョビベリー マッチ コラム

作ったべっこうあめはチョビベリーが責任を持っていただきました

(おしまい)

(文・チョビベリー)

ライタープロフィール

1982年生まれ。京都市立芸術大学日本画専攻卒業。柔道・ボクシング・極真空手のたしなみがある格闘技好き。会社員のかたわら意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』を更新していたところ、地味に笑いを誘う文体が評判を呼び複数のWEB媒体でライターを始める。趣味は空手・読書・俳句・断捨離・テレビ観賞。