https://aftr5.jp/wp-content/uploads/2017/01/chobiberry_seijinshiki_thum.jpg

ただただ成人式がイケてなかった、という話をします。

チョビベリー

チョビベリー

チョビベリーマッチ 成人式  軍服

軍服ではありません

柔道とボクシングと極真空手の経歴をもつ普通のOL・チョビベリーです。
今回、編集さんから与えられたお題は『成人式』です。

チョビベリーマッチvol.9「スーツ」

かれこれ15年ほど前の話になりますが
チョビベリーもハタチのときに
地元の成人式へ出席したことがあります。

今も昔も成人式といえば
女子はその日をむかえるために
数カ月もしくは1年以上前から準備をし

当日は豪華な振袖を着て
白いフワフワしたやつを首元にまき
髪の毛は美容院で何時間もかけてセットしてもらい

自分がイチバンかわいくなる姿へ変身すべく
フル装備で参加するものだと思いますが

チョビベリーはそもそも女装がキライで
ハタチ前後のころはメンズの服ばかり着ていたため
特に成人式用のギラギラした振袖がイヤだったほか

実家は借家であり
1年留年してでも公立大学をめざす程度に
お金の余裕がなかったため

19歳のころによく届いていた
成人式のチラシやDMを見ては

着物から帯・下駄・小物など含め
セットで買えば30万円以上
レンタルでも10万円程度の相場に

結婚式ならまだしも
一生でたった1日の行事のために
昼ごはん代もままならない自分の家の環境で
そこまでするのは腹立たしく

ダニだらけの実家の衣装ケースに
代々伝わるような着物もなかったんで

絶対に振袖にカネを使うもんか、
という気持ちしかありませんでした。

ただしチョビベリーの場合
大学の入学式ですら私服で出席し
スーツを持っていなかったため

ママベリーとの間で
「就活にも使える用として
スーツくらいはこの機会に買ってもいいのでは」
という話になり

シャツ・スーツ上下・コート一式で、
百貨店で約15万くらいするセットを
1年のリボ払いにて購入してもらいました。
(※後にママベリーがパチンコで一括返済)

そして成人式当日は
幼稚園からの幼なじみで
大学受験は同じ浪人の辛酸をなめたRちゃんと参加し

お互いのスーツ姿になんとなくホッとしたんですが
会場につくなり
99%の女子が振袖を着ていることに震撼

チョビベリーマッチ 成人式  辛酸なめR

Rちゃんとそのへんの道ばたで撮った1枚

そもそも中学時代のチョビベリーは
Rちゃんと一緒に
いわゆる「イケてないグループ」に所属しており

美術部で地味に絵を描くほかは
勉強も運動も中の下くらいのレベルで

大人しく校則を守るタイプだったため
イケてるグループが休み時間にお菓子をくれようとしても
「校則でダメって言われてるから」
と断ったり

家では「基礎英語」のラジオを聴くなど
マジメに大人しく過ごし
とにかくクラスの中心には行かないことを
ほどほどに心がける毎日を送っていました。

そしてまさに今回のスーツ姿は
目立たず無難な服装と思ったんですが

まぶしい着物姿の女子のなかに
メン・イン・ブラックもしくは市長のSPと見紛うほどの
黒ずくめのスーツ二人組は非常に目立ち
Rちゃんと共にはげしく狼狽しました。

中学を卒業後
高校から学区外の美術系にすすんだチョビベリーは

小・中学時代の友達とは
5年以上連絡をとってなかったうえ
高校・大学を通して地元の友達は少なく
知り合いと目があっても会釈くらいしかできず

チョビベリーたちのすぐそばで
同じ中学だった人たちが輪になり
「みんなでこの後ボウリングいくよー!!」
という歓声が聞こえてくるも

誰一人として我々に声をかけるものはなく
かすかに気持ちの中に残っていた
小・中学時代の友達との縁が
プツリと切れる音が聞こえた気がしました。

チョビベリー 成人式 イケてるグループ

イケてるグループ女子との格差

成人式自体はすぐに終わってしまい
時間をもてあましたチョビベリーとRちゃんは
あまりに早く帰ると親が心配することを案じ

この日のために
わざわざバイトを休んだことを後悔しながら
びっくりドンキーで2時間ほど
地味にランチを楽しみました。

ちなみに当時ママベリーが
「せめて成人式の写真だけは撮ろう」
と言ってたんですが

それからいつまでたっても撮る気配はなかったんで
完全に忘れてしまったらしく

成人式の写真といえば
無愛想なスーツ姿しか残らなかったチョビベリーです。

チョビベリーマッチ 成人式

(おしまい)

ライタープロフィール

1982年生まれ。京都市立芸術大学日本画専攻卒業。柔道・ボクシング・極真空手のたしなみがある格闘技好き。会社員のかたわら意識ぬるい系ブログ『チョベリグ!』を更新していたところ、地味に笑いを誘う文体が評判を呼び複数のWEB媒体でライターを始める。趣味は空手・読書・俳句・断捨離・テレビ観賞。